監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

岩武克弥が感じている手応えと、天皇杯・水戸戦に掛ける思いとは


(Report by 河合貴子)

水戸には大学、ユースでのチームメイトも

「連戦なので、しっかりと試合に出た時にはアピールしないと!」とギラギラと天皇杯・水戸戦に向けて闘争心を剥き出しにしていた選手がいた。浦和に入団当初から「大卒ルーキーは即戦力だ」と自分自身を鼓舞していた岩武克弥選手である。

大槻監督体制になった初戦の川崎戦でいきなりスタメン起用されたが、レギュラーを獲得するところまではいかなかった悔しさがある。

(残り 483文字/全文: 687文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック