都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

鈴木大輔が母校の野球部エースの立ち振る舞いを見て反省した理由とは


(Report by 河合貴子)

惜しくも準優勝に終わるが

夏の風物詩の1つでもある全国高校野球選手権大会が、履正社の優勝で幕を閉じた。決勝で履正社と死闘を繰り広げたのは、鈴木大輔選手の母校である星稜だ。

「古豪だけど優勝したことがない。毎年、甲子園を楽しみにして星稜が出ている時は欠かさず見ている」と母校の活躍を楽しみにしていた。

(残り 731文字/全文: 892文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック