『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

松本に逆転負けで5試合勝ちなし 復調のファブリシオが一筋の光となるか【河合貴子 試合のポイント/J第24節 松本山雅戦】


(Report by 河合貴子)

先制するも後半勝負の松本に逆転負け

なんとも情けなく、やるせない、惨めな浦和の姿があった。10試合連続未勝利の松本山雅に、約3か月ぶりとなる勝利をプレゼントしてしまった。ACL準々決勝の上海戦を控え、前節の神戸戦からスターティングイレブンを7選手を入れ替えたとはいえ、1-2の逆転負けを喫してしまった。

大槻監督から「あなたが、マエストロだ。リーダーシップを発揮して、ドンドン動かしてくれ」と言われて3バックの真ん中を任されたのは、森脇良太選手であった。その狙い通りに森脇選手が後方から積極的に攻撃を組み立て、試合開始から浦和が主導権を握っていった。

(残り 2515文字/全文: 2802文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック