JリーグにやってくるFC今治に気になる存在がいる(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

荻原拓也が17試合ぶりの出場で存在感 苦しさを乗り越えて得た強さとは


(Report by 河合貴子)

鹿島戦セカンドレグに臨戦態勢!

YBCルヴァンカップ準々決勝鹿島戦で、短い時間ではあったが浦和の魂を感じさせてくれたのは、荻原拓也選手であった。

荻原選手が、ピッチへと送り込まれたのは86分のことだった。5分のアディショナルタイムを含めてわずか9分であったが、せめてあと1点を決めて3-3の引き分けへと持ち込みたい気持ちを表して、左サイドから積極的に仕掛けた。その姿に浦和を愛する人々は、拍手を送った。

「思ったよりも入りが良くて、少ない時間の中で存在感は発揮できた。影響力は出せたと思う。あのプレーでチームの雰囲気もスタジアムの雰囲気も変わったと思う。中にいる選手は、ドリブルで一人で行ってくれたら楽だと思う」とニヤリと荻原選手は笑った。

(残り 873文字/全文: 1204文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック