本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

西川周作が語った、アウェイで求められる心理戦に必要なこととは


(Report by 河合貴子)

ホームの借りはアウェイで・・・

YBCルヴァンカップ準々決勝・ファーストレグ鹿島戦の前半で、手痛い3失点をしてしまった。後半に持ち直すことはできたが、2-3で敗戦。2点差以上でセカンドレグを勝たなければならない事態に追い込まれてしまった。

西川周作選手は「本当に、失うものはない」と良い意味で開き直っていた。

そして「アウェイでやるのでアウェイゴールを奪う姿勢を開始早々からみせたい。前半が、本当に良くなかった。前線でしっかりと限定した中で、プレスにいく距離感を掴んでいきたい。前半にできなかったことを、後半に修正できたことはチームとして大きい。監督からも話があったけど、一番最悪な自分たちと最高の自分たちを1試合で見せられた。次は、良いところをサポーターの方に見せないといけない。相手というよりは自分たち次第なので、しっかりと奮い立たせてサッカーの面白いところをみせるチャンスだ!細かい修正は、みんなの意識確認をした。チームとしても大槻監督を中心として、しっかりとミーティングができた。チームとしてどういうやり方で、どういう方向でやるかは、確認はできている」と意気込んだ。

(残り 836文字/全文: 1334文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック