【サッカーパック人気2位】 【代表うぉっち】「僕にはマリノスが染み付いている」畠中槙之輔がベネズエ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

杉本が倒された場面の判定、オンフィールド・レビューは必要なかったのか


(Report by 轡田哲朗)

VARと交信の末、レビューの必要なしと判断

浦和レッズは8日のルヴァン杯準々決勝第2戦、鹿島アントラーズとの試合を2-2で引き分け、2戦して1分1敗となり敗退が決まった。試合全体を振り返る前に、後半アディショナルタイムに杉本健勇がペナルティーエリア内で鹿島のDFブエノと接触して倒れた場面だけを切り取って振り返ってみたい。

正直なところ、試合全体を考えようにも、まずはこのプレーについて整理してみないと、そういう気になれないという面がある。

状況を整理すると、杉本は右後方からのパスを受けて相手より先にファーストタッチ。2つ目のタッチをする直前にブエノからの接触を受けて倒れている。ここでファウルがあったか否かは、ペナルティーエリア内でのプレーであるから確実にVARのチェック対象になっている。それは佐藤隆司レフェリーが自身の判断ではノーファウルとした後に、レシーバーに手を当ててVARと交信していたことから明らかだ。

まず重要なことは、佐藤レフェリーがプレーの流れの中ではノーファウルと判断していることだ。日本サッカー協会が公開している基準によれば、VARについてこのような説明がある。

(残り 2826文字/全文: 3330文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック