本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

悔恨の表情に包まれた汰木康也 痛感したメンタルの弱さは何に表れたか


(Report by 轡田哲朗)

試合の入りでのミスは、自身をパニックに陥れた

浦和レッズは8日にルヴァン杯準々決勝第2戦の鹿島アントラーズ戦を2-2で引き分け、2戦合計1分1敗で敗退が決まった。この2試合で、いずれもスタメン出場をしてチャンスを得たのは汰木康也だった。

試合後に、まとまった時間をもらった2試合を振り返ってみてほしいと声を掛けると、5秒ほどの沈黙の後に「うーん・・・」と絞り出すような声が出て、さらに「まあ、・・・・。なんていうんですかね・・・」と続いた。結局、30秒近く言葉が出てこなかった。それくらい、悔しさが残っていることがありありと感じられた。

(残り 1623文字/全文: 1903文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック