本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

興梠慎三が「出られるなら出たい」とC大阪戦に向けて臨戦態勢  気になる状態は?


(Report by 河合貴子)

落とせない一戦に向けて

リーグ戦6試合未勝利を、ホームで勝利飾り浮上のキッカケを掴みたい。C大阪戦の前日、涼しげな風が秋の気配を運んできた。YBCルヴァンカップ準々決勝の鹿島戦では、敗退したとはいえ闘える手応えはあった。この手応えをしっかりとリーグ戦に繋げていきたい。

大槻監督は「セレッソも4バックのチームなので、うちのシステムとの噛み合わせが問題になる。その中で、前線からの守備も一つテーマになってくるとは考えている。失点が少ないし、全員がハードワークをして守備をやる。カウンター、リスタートも含めて、危険なチームですよね。全員が、本当に統率がとれているというイメージを持っている」と試合前日の記者会見で険しい表情をして話した。

(残り 913文字/全文: 1241文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック