【サッカーパック人気5位】 藤田晋オーナー「ひざを突き合わせて話し合い、良い結論を導いていきたい」…

浦レポ by 浦和フットボール通信

青木拓矢と大城蛍の師弟関係を感じる一コマ【こぼれ話】


(Report by 河合貴子)

浦和の未来を明るく照らしているように感じられた

「暑さ、寒さは彼岸まで」と昔から言われているが、残暑が厳しいとはいえここ数日の朝晩はだいぶ過ごしやすくなってきた。夏真っ盛りの頃は、居残り練習を終えた選手たちはアイスバスに入るため足早にロッカールームへと向かう。だが、爽やかな秋風が大原練習場を駆け抜けると、ピッチでノンビリとクールダウンする。

青木拓矢選手と武藤雄樹選手のオシドリコンビは大原での風物詩になっていたが、クールダウンする青木選手の横にちょこんと座ったのは大城蛍選手であった。

(残り 660文字/全文: 916文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック