【サッカーパック人気1位】 ネルシーニョ監督の会見コメント/J2 第36節 柏 vs 水戸【試合…

浦レポ by 浦和フットボール通信

レッズレディースが安定した戦いで暫定首位をキープ【河合貴子 試合のポイント/リーグ第12節 仙台戦】

(Report by 河合貴子)

頼もしいCBによって守備が安定

前節、台風15号の影響でジェフユナイテッド市原・千葉対日テレ・ベレーザ戦が延期になり、暫定ながら首位に立った浦和レッズレディース。女王と称される日テレ・ベレーザ戦までは、負けるわけにはいかない。少しでも日テレにプレーシャーを掛けたい。

気を引き締めてホーム浦和駒場スタジアムで挑んだ相手は、なでしこリーグ1部の降格が危ぶまれるマイナビ・ベガルタ仙台だ。その仙台は4-4-2とブロックを作り守備意識を高く決死の覚悟で挑んできた。

試合開始から、仙台は早めに大きく蹴って前線へと当て、セカンドボールを拾い攻撃のリズムを作ろうと試みをみせた。これに対して浦和は、仙台の2トップを自由にさせずに長船加奈選手と南萌華選手が身体を寄せ、中盤でボールを回収し主導権を握っていた。

森監督は「うちは、基本的にセンターバックを1人あまらせることが少ない。相手を見ながら、スペースを見なさいといつも言っている。ある程度、予測は出来ていてうまくカバーができていた」と含み笑いをした。

(残り 2023文字/全文: 2479文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック