Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

honda FCに敗れて天皇杯敗退 試合後は監督、フロントがサポーターと話し合い「クラブ理念が浸透していない」

(Report by 河合貴子)

浦和のエンブレムを背負う意味を今一度考えてほしい

「本当に申し訳ない気持ちと、非常に大きな責任を感じています。最悪の結果でした」と大槻監督は、唇を噛みしめた。

浮上のキッカケが掴めない苦しい状況で、Jリーグ鳥栖戦が中2日で控えていることを考慮して、主力を温存して挑んだ天皇杯ラウンド16のHonda FC戦。試合出場のチャンスを手にした選手たちの見せ場でもあった。しかし、悲しいことにピッチで躍動したのはHondaの選手たちであった。試合終了間際の83分と87分にサイドから崩されて2失点した。

(残り 1517文字/全文: 1775文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック