【サッカー人気3位】「リーグ再開の見通しがつかない中、クラ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

大槻監督、カンナバーロ監督が公式記者会見で語った準決勝突破へのポイントとは


(Report by 河合貴子)

難敵・広州恒大を打ち破るためには

ゆったりと雲が流れ、晴れ渡る秋空が広がったが、10月とは思えないぐらいの残暑厳しい中でACL準決勝ファーストレグ広州恒大戦に向けて試合前日練習が行われた。練習後、埼玉スタジアムで行われた公式記者会見には、浦和から大槻監督と関根貴大選手が臨んだ。

大槻監督は、始終、眉間にシワを寄せ「ベスト4まで来たので、当然、次のラウンドを意識して進めるように、2戦ありますからホームでしっかりとした試合をして、良い状態になれるように選手たちと頑張っていきたい。1戦目が終わった状況でも2戦目で取り返すチャンスがある。初戦にしっかりと準備をして戦って、相手との噛み合わせも肌で感じて、2戦トータルして次のラウンドに進むということを考えてやっていきたい」とファーストレグでの結果を求めながらも、セカンドレグを視野に入れて2試合合計でベスト4突破を考えていた。

(残り 1666文字/全文: 2065文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック