【サッカー人気4位】新著『フットボール風土記』が求められる…

浦レポ by 浦和フットボール通信

鈴木大輔が無失点を演出 「ほとんど全勝だった」とニヤリと笑った狙いとは【河合貴子 試合のポイント/ACL準決勝 広州戦】


(Report by 河合貴子)

17試合ぶりの無失点勝利

ACL準決勝で激突した広州恒大と前半戦が終了しただけとはいえ、2-0の完封勝利を収め夜風は本当に心地の良いものであった。ホームでのファーストレグは、広州にアウェイゴールを絶対に与えないことであった。

広州は、前線にエウケソン選手を中心にタリスカ選手、パウリーニョ選手と迫力ある攻撃陣を並べてきた。この攻撃陣を浦和は、鈴木大輔選手を中心に槙野智章選手、岩波拓也選手の3人が対峙する形であった。

(残り 1430文字/全文: 1650文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック