Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

勝利が必要になった清水戦、どこを見ると優位性を見分けられるか【清水戦プレビュー】


(Report by 轡田哲朗)

9位まで16位から勝ち点4差にいる状況

浦和レッズは6日にJ1第28節のホームゲーム、清水エスパルス戦に臨む。前日5日に行われたJ1各会場の結果は、正直に言えば浦和にとってあまり都合の良いものにならなかった。そのため、もしある程度まで都合のいい状況でも勝利が非常にエラい試合だったが、さらに引き分け以下の難しさが増したと言える。

サガン鳥栖やガンバ大阪の勝利により、浦和の下にいるのは4チームながら、そのうち2チームが勝ち点3以内、つまり1試合でひっくり返る位置に来た。さらに自動降格圏の17位松本山雅FCも勝ち点4差まで上がった。その分、ベガルタ仙台が浦和と同勝ち点でとどまったものの、この清水戦が引き分け以下になると6チームで下2つを決める構図が明確になってしまうだろう。それにしても、順位表ではギリギリ上半分に入る9位のヴィッセル神戸ですら16位の鳥栖と勝ち点4差なのだから、このゾーンの混戦具合はなかなかのものだ。

(残り 2094文字/全文: 2517文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック