【サッカー人気5位】リカルド監督が戦術理解度が高まってきて…

浦レポ by 浦和フットボール通信

大槻監督の求めることを一番理解し、練習で具現化していた選手は?


(Report by 河合貴子)

ベテランらしい力でチームを支える

清水に逆転勝利したからといって、J1残留争いの渦中から完全に抜け出した分けではない。インターナショナルマッチウィークで中断となったこの期間で、しっかりと勝てるチームに再構築するための重要な時間となった。

オフ明けから大槻監督は2部練習を行った。午前の練習では、ハーフコートよりもやや大きめのコートでの紅白戦。午後の練習では、ピッチの横幅をペナルティーエリアの幅に合わせたフルコートの8対8だ。午後のゲーム形式では、走る距離も長くなりかなりインテンシティが高いものが求められていた。

(残り 1341文字/全文: 1610文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ