【サッカー人気1位】「クラブ寝耳に水」の意味がちょっと違っ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

完封負けで優勝戦線脱落 プレッシャーがかかった試合で力発揮できず【河合貴子 試合のポイント/リーグ第17節 伊賀戦】


(Report by 河合貴子)

伊賀に攻撃を封じ込められる

得失点差で日テレ・ベレーザに首位を明け渡した浦和レッズレディース。他力本願であるは、優勝の栄光を手に入れるためには、1つも落とせない。ましてやホーム最終戦を勝利で飾りたい思いは強かった。その思いが浦和に重くのしかかってしまった。浦和駒場スタジアムに伊賀フットボールクラブ・くノ一を迎えた一戦は、想像以上に苦しい展開で主導権を握りながらもゴールが遠く0-1と痛恨の敗戦を喫してしまった。

伊賀は4-1-4-1のシステムで、DFラインを押し上げコンパクトを保ちながらボールサイドへとスライドしながら前からプレスをかけてはめ込んできた。それは、まるで浦和の攻撃を封じ込める包囲網のようであった。

(残り 2512文字/全文: 2832文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック