【サッカーパック人気1位】 1日1回読むだけで身につくサッカーの見方の基礎知識【会員限定】ビルドア…

浦レポ by 浦和フットボール通信

集中力のある試合で1点差の敗戦も、横たわる確かな差は何だったのか【轡田哲朗レッズレビュー/J30節鹿島戦】


(Report by 轡田哲朗)

見た目の印象よりリスクを取った「半分ターンオーバー」

浦和レッズは1日のJ1第30節のアウェーゲーム、鹿島アントラーズ戦に0-1で敗れた。現在の浦和は9位から16位くらいのどの順位で終わってもおかしくないような成績のチームであり、鹿島は3位以内ではフィニッシュするだろうという位置にいる。だから、簡単に勝ち点を得られる試合ではないというのは、客観的に見ればそう言えた試合だ。

その中で大槻毅監督は中央エリアの選手をこの試合でターンオーバーするようなメンバーを組んだ。サイドエリアの選手はアップダウンが激しいので、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝第1戦、アル・ヒラル戦の直前になる川崎フロンターレ戦を“飛ばす”方が良いと判断したのかもしれない。そして、GKはACL決勝の初戦が出場停止になる西川周作ではなく、福島春樹にJ1デビューのピッチに立つ機会を与えた。

(残り 2449文字/全文: 2844文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック