【サッカー人気5位】【コラム】対応はコンバートか、補強か?…

浦レポ by 浦和フットボール通信

なでしこ新世代のリーダー南萌華が値千金の決勝弾 南が語ったINAC撃破の要因とは【河合貴子 試合のポイント/】


(Report by 河合貴子)

攻守に牽引

空中で一瞬、止まったように見えた。浦和に歓喜を呼び込んだ南萌華選手の渾身のヘディングシュートだ。塩越柚歩選手の左CKをしっかりとミートさせて、打点といい、ボディーバランスといい、完璧なヘディングシュートであった。

「前半から柚(塩越選手)の良いボールが入っていた。自分はファーに入るのがすごく好きなんですが、たまたまニアーに入ってみようって・・・。集合したときに「ニアに行く」って決めて、本当に良いボールが来た。みんなの気持ちが籠もったゴールだった」満面の笑みを浮かべた。浦和が主導権を握る試合展開ではあったが、DFとしては追いついても突き放される苦しさがあった。

(残り 1651文字/全文: 1951文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック