【サッカー人気2位】M&Aのプロフェッショナルが…

浦レポ by 浦和フットボール通信

ベレーザの牙城を崩せず皇后杯準優勝に終わる


(Report by 河合貴子)

臨機応変に対応するベレーザを崩せず

リーグもカップ戦も優勝を果たした女王日テレ・ベレーザが、皇后杯初優勝を目指す浦和レッズレディースの前に大きく立ちはだかった。リーグ戦では、日テレに対して勇猛果敢に前線からプレスをかけ1勝1敗であった。リーグ戦と同じように4-2-3-1で挑むと思いきや、浦和にとって5年ぶり4度目の皇后杯決勝で悲願の初優勝に向けて森監督は勝負に出た。準決勝・INAC神戸戦の後半で手応えがあった菅澤優衣香選手と高橋はな選手の2トップにして臨んだ。

試合開始から浦和のお株を奪うように、前線から激しくプレスを掛けてきたのは日テレであった。DFラインを押し上げてコンパクトに主導権握った日テレは、7分に籾木選手の右CKをなでしこリーグ得点王の田中選手がスキル高い素晴らしいボレーシュートを放ち先制。

田中選手をマークしていた長船加奈選手は「自分のマークだった。悔しい。ニアの走り出しがメチャ速かった。触れるかなと思ったが、速くて・・・」と苦々しい表情を浮かべた。

(残り 1295文字/全文: 1744文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック