【サッカー人気4位】リカルド監督が3連勝で攻撃面でも改善の…

浦レポ by 浦和フットボール通信

「僕を多くの方が応援し、我が子のように見守ってくれているのは身に刺さるほど感じていました。本当に感謝しかありません。それと同時にその期待に応えられず恩返しできず、本当に申し訳なく思います」山田直輝が湘南ベルマーレへ完全移籍

湘南ベルマーレに期限付き移籍をしていた、MF山田直輝選手(29歳)が湘南ベルマーレへ完全移籍することを浦和レッズが発表した。

【選手名】山田直輝(やまだ なおき) YAMADA Naoki
【生年月日】1990年7月4日生まれ(29歳)
【出身地】埼玉県浦和市(現・さいたま市)
【身長/体重】168cm/66kg
【ポジション】MF
【サッカー歴】北浦和サッカースポーツ少年団→浦和レッズジュニアユース→浦和レッズユース→浦和レッズ
→湘南ベルマーレ(2015~2017年期限付き移籍)→浦和レッズ→湘南ベルマーレ(2019年7月期限付き移籍)

山田直輝選手コメント

2020シーズンから湘南ベルマーレに完全移籍することになりました。
ジュニアユースのころから17年間、本当にお世話になりました。

僕は5歳のころから浦和レッズの大ファンでした。駒場スタジアムに足を運び、赤いユニフォームを着た選手たちが照明に照らされて躍動している姿は、今も脳裏から離れません。いつしかそのユニフォームを着るのが、僕の夢になっていました。そのときから僕の生活には浦和レッズがあるのが当たり前でした。そんな浦和育ちであり、浦和のサポーター上がりの僕を多くの方が応援し、我が子のように見守ってくれているのは身に刺さるほど感じていました。本当に感謝しかありません。それと同時にその期待に応えられず恩返しできず、本当に申し訳なく思います。

浦和レッズの選手として埼玉スタジアムで試合に出られるのが僕のサッカー人生として一番の幸せであるという考えは正直今でも何も変わりません。ですが、サッカー選手としてピッチでプレーをし、元気な姿を見せるのが、今まで応援していただいた方への恩返しになり、またサッカー選手である姿を見せなければいけない人たちのために、僕にプレーする場所を与えてくれた湘南ベルマーレで全力でプレーします。黄緑色のユニフォームを着た僕を応援してほしいとは言いませんが、その姿をみて、元気にしているなと思ってもらえたら嬉しいです。

最後になりますが、スタッフ、クラブ、選手のみなさま、こんな未熟な僕をいつも温かく迎え、指導していただきありがとうございました。17年間、本当にお世話になりました。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ