J論J2チャンネル、スタート!!

浦レポ by 浦和フットボール通信

4バックだったら今季はどうなる? 激戦区や新加入選手のポジションはどこだ

(Report by 轡田哲朗)

紅白戦は4-4-2を採用。もし本格導入するなら・・・。

浦和レッズは7日にチーム始動日のトレーニングを行い、午前中には紅白戦まで行われた。もっとも、今日の時点ではマウリシオ、ファブリシオ、エヴェルトンが来日しておらず、武藤雄樹は昨季に負傷した肩の状態もありリハビリメニュー。また、宇賀神友弥も別メニュー調整だった。新加入選手では、武田英寿がまだ高校サッカー選手権の準決勝以降の戦いを残しているため、まずはそちらに専念ということになった。

その紅白戦では4-4-2システムが試された。今日の時点でのメンバーは河合貴子さんのレポートを見ていただければ良いが、結局は足りないところを動かして補っている。フルメンバーがいると仮定したら、誰がどこをやりそうなのかを布陣図で整理してみたい。大槻毅監督が練習後に「今日はセンターバックがいなかったから」と話したものの、こういうちょっとした想像力で楽しむのはプレシーズン初期の特権だ。これがキャンプも始まり陣容もハッキリしてとなったら、妄想や想像を記事にすることはできない。今だからこそ、それを想像してみよう。

(残り 1876文字/全文: 2360文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック