【サッカー人気1位】新潟はなぜ、どこで間違ってしまったのか…

浦レポ by 浦和フットボール通信

汰木康也が武藤雄樹と同部屋でうれしくてたまらない理由は【僕たち同部屋シリーズ第1弾】


(Report by 河合貴子)

メチャメチャ不安だったが

「同部屋は武藤君でした」と嬉しそうに声を弾ませた汰木康也選手。声を弾ませたのには、実は訳があった。

「最初・・・」と一瞬声を詰まらせ、「キャンプに入る前までは、同部屋はみんなから「マウリシオと」って言われていたんですよ。マウリのことは尊敬しているけど、メチャメチャ不安だった。みんなに嘘をつかれていたのかもしれないけど・・・。武藤君でホッとしている。マウリだと言葉の問題もあるし、あまり自分から外国人にコミュニケーションを取りにいくタイプじゃない。ファブリ(ファブリシオ選手)とかマルちゃん(マルティノス選手)は、向こうからコミュニケーションを取りにきてくれるけど、マウリは寡黙で自分も積極的にいくタイプではないので、大丈夫かなと思っていた。心配でした。武藤君は、普段からお世話になっている先輩のひとり。何回かご飯に連れって行ってもらったり、プライベートでもよくしてもらっているから~」と笑顔をみせた。

(残り 385文字/全文: 811文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック