【サッカー人気5位】期限付き移籍選手の定点観測:J1総集編

浦レポ by 浦和フットボール通信

レオナルドは、鈴木大輔が「負けるからやらない」と認めるほどのゲーマー!?【僕たち同部屋シリーズ第6弾】


(Report by 河合貴子)

スペイン語で会話

大槻監督体制になり初めての沖縄一次キャンプ。今回のキャンプでは、外国人選手の同士の同部屋はない。なかなか面白い試みだ。どうしてもブラジル人同士で一緒に行動してしまうのは致し方ないことだが、少しでも日本人選手たちとのコミュニケーションを密にしたい思惑があるのかもしれない。

移籍1年目のキャンプは、不安だし、心細い部分もあるだろう。特に言葉の壁がある外国籍の選手たちにとっては、生活文化が違うなかでの長期のキャンプの同部屋はかなり神経を使うことになるだろう。昨シーズンの沖縄一次キャンプでは、マウリシオ選手とエヴェルトン選手が同部屋で旧交を温めることになった。

新加入のレオナルド選手は、一体誰と同部屋なのだろうか?!

レオナルド選手は「スズキ~!彼は、スペイン語を話すからコミュニケーションを取れている」とご満悦だ。

(残り 687文字/全文: 1064文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック