大分トリニータ気鋭の「頭脳」が語るJ1再開と展望(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

今チームはどれくらいの完成度? そんな部分について【沖縄二次キャンプ3日目】


(Report by 轡田哲朗)

相手ボール時から手をつけたのが順番

浦和レッズは沖縄県でトレーニングキャンプを実施している。第二次キャンプも3日目となった5日だが、ピッチでのメニューは午前中のみになった。1つ1つのメニューに対して、大槻毅監督は「時間は掛けないから集中して」という言葉や、「1本終わったらしっかり息を整えてからで良いから」という言葉を使い始めた。つまり、ゴリゴリに追い込む時期は終わったというのがハッキリとし始めた。

そうした中で恐らく気になるのが、チームはどれくらいの完成度なのかということだろう。特に今季は4-4-2をやっているというのが、多くのメディアを通して知られているだろうし、私もその一端を担った責任はあるはず。ということで、今日は現時点で浦和がどのくらい仕上がってきているのかについてをテーマにしたいと思う。

(残り 2907文字/全文: 3272文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック