【サッカー人気2位】進化する川崎フロンターレの守備。Jリー…

浦レポ by 浦和フットボール通信

武田英寿が見せたサッカーIQの高さ「試合に出ることを一番に考えて努力していく」


(Report by 河合貴子)

起用は右のサイドハーフか

「オファーが来たとき、迷いは全くなかった。レッズって聞いて、他のクラブとか全然考えなかった。ここで試合に出ないと、日本や世界で活躍できない!」と浦和に加入することを決めた武田英寿選手。高校卒のルーキーとしてプロ1年目が浦和でスタートした。もちろん狙うは、今シーズン最初の公式戦であるYBCルヴァンカップ出場だ。「開幕する良い緊張感でトレーニングがやれている」と手応えを感じ始めていた。

しかし、致し方ないことではあったが第98回全国高校サッカー選手権大会で決勝戦を戦ったことでチーム合流が遅れてしまったことは少なからず影響があることは否めない。10日ほど遅れて沖縄キャンプインした。武田選手が最初に驚いたのは、プレースピードであった。

(残り 1439文字/全文: 1781文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック