浦レポ by 浦和フットボール通信

柴戸海がリーグ開幕戦に挑む 中盤でこなしたい役割とは


(Report by 河合貴子)

ピッチの中央で使命感に燃える

「守備で良さが出せた部分があった」とYBCルヴァンカップ・仙台戦でスタメン出場した柴戸海選手は、仙台戦の勢いでJリーグ開幕戦となる湘南のスタメンを狙っていた。

「真ん中でしっかりと追えるところと味方のカバーを含めて、相手の攻撃の芽を摘むところは、心掛けていた。仙台戦では陽介さん(柏木選手)だったので、陽介さんが攻撃しやすいように、前に出られるように、後ろをしっかりと管理しながら前に付け足していくことを意識していた。試合の中でやってみないと分からないこともある。チームとしての統一感がでてきたと思う。その結果が、試合に表れていたと思う」と仙台戦を振り返った。

(残り 798文字/全文: 1105文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ