【サッカー人気3位】東京五輪の1年延期が新たな競争を生む。…

浦レポ by 浦和フットボール通信

荻原拓也が「今回のルヴァン杯が、ターニングポイント!」と位置付けた松本戦で見せたいプレーとは


(Report by 河合貴子)

ルヴァン杯でアピールする

「相手があってのサッカーだと思っているけど、それよりも自分のことでいっぱいいっぱい。自分の持ち味を出していくだけ。もちろん、相手の情報を入れながら、最高の準備をしたい」とYBCルヴァンカップ・松本山雅戦の出場を狙う荻原拓也選手は気合いをいれた。

リーグ開幕戦をアウェイ湘南で金曜日に勝利で終えた浦和は、中4日でYBCルヴァンカップ・松本山雅戦をホームで迎える。だが、その後は中2日でリーグ戦のホーム開幕を迎える。しかも相手は、好調なスタートを切った広島だ。広島戦後には、やはり中2日でアウェイに乗り込みYBCルヴァンカップのC大阪戦、中3日でリーグ戦のアウェイFC東京戦と慌ただしく連戦となる。それ故に、松本戦は大幅にメンバーを代えて挑む可能性が高いだけに、スタメンを狙いたい。

(残り 739文字/全文: 1103文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック