【サッカー人気2位】Jクラブの選手・関係者が相次いでコロナ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

鈴木大輔が「少し危機感を感じる」と警鐘をならす課題とは


(Report by 河合貴子)

DFリーダーとして牽引する

新型コロナウイルスの影響で中断となったJリーグ。試合再開に向けて、選手たちはしっかりと勝利をつかみ獲るためにトレーニングに励んでいる。練習のスタートは、軽いジョギングから始まる。いつもチームを牽引するように先頭を走るのは、鈴木大輔選手だ。しかも大外周りで走る。

「もう一回身体を作るチャンスだと思えば、すごく良い期間だと思う。新しいことに取り組もうとしている中で、準備する期間が例年よりも多いことは良いことしかない。練習できることに喜びを感じている」と生き生きとして練習に取り組んでいた。

(残り 1322文字/全文: 1592文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック