【サッカー人気3位】あらためて考えたい「読み書きそろばん」…

浦レポ by 浦和フットボール通信

活動停止中の選手たちは自宅でいかに過ごしているのだろうか


(Report by 河合貴子)

ついに埼玉、東京、神奈川、千葉、大阪、兵庫、福岡に「緊急事態宣言」が出された。8日間のオフが明け、4月3日に練習が再開したが、5日に2週間の活動を休止に踏み切った。先を見越したように「緊急事態宣言」が発令される前の英断であった。だが、当面の間、活動休止期間を延長することになってしまった。

2月21日に開幕を迎えた湘南戦で、止まってしまった公式戦のカレンダー。第2の開幕戦に向けて、中断された期間を新システムの熟成度をあげてしっかりと準備をしていた。大槻監督もチームを大樹に例え、「幹の部分を太くする。徹底することをやってきた。そこに枝葉をつける時期が、もう少しで来ると思う。公式戦がないので表現は難しいが、幹を常に太くし続けること、枝葉の緑が少しずつ出てくれば良い」と話していただけに、残念でならない。

(残り 764文字/全文: 1129文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック