【サッカー人気1位】なぜJ1で4-3-3が急増しているのか…

浦レポ by 浦和フットボール通信

『ACL出場』の目標はぶらさずに 大槻毅監督が「満員の埼玉スタジアムに戻る第1歩だ!」と言った理由とは

(Report by 河合貴子)

様々な状況に対応をする必要がある

緊急事態宣言が解除されて、7月4日にJ1リーグの再開が決まり明るい兆しが見え始めた。大槻監督は、「満員の埼玉スタジアムに戻る第1歩だ!」と気持ちを引き締めた。しかし、リーグが再開しても新型コロナウイルスの感染拡大防止のために残念ながら、無観客での試合だ。

「2014年の無観客試合のときに、私もあのスタジアムにいました。やはりあのスタジアムは、本当に我々が目指すものとは真逆のものだった。あの空間は、寂しいものだった」と、Jリーグ史上初の無観客試合の制裁処分となった2014年となった清水戦を思い出しながら「ただ、あの時とは今回は状況が違う。この無観客試合は、その先に繋がって、観客が徐々に入ってきて、またたくさんの皆さまに来て頂けるスタート地点だと思っている。

(残り 1290文字/全文: 1650文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック