【サッカー人気4位】あらためて考える「新宿にJクラブを」と…

浦レポ by 浦和フットボール通信

7月10日から飲食、グッズ売店はOKに 来場者には厚労省のアプリ「COCOA」のダウンロードを呼びかける

観客を入れた際の準備も進む

定例の実行委員会の後に、メディアブリーフィングが行われた。

冒頭、村井チェアマンは「九州全域にわたる豪雨、洪水での情報共有がありました。熊本、鹿児島の社長からの現地情報を頂いた。鹿児島はコロナのクラスター発生と同時に、こうした災害が起きて、一番恐れていたことが現実に起こり始めていると。これからの台風シーズンにおける警戒も共有して始まった実行委員会でした。Jリーグには「TEAM AS ONE募金」というものがありまして、激甚災害が起きたときに、募金を集めて支援をすることにしています。今回の九州の集中豪雨災害に対する募金も行う方向で、協議をしています」と、挨拶した。

(残り 1038文字/全文: 1332文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック