【サッカー人気3位】錦糸町フットボール義勇軍に「解散はない…

浦レポ by 浦和フットボール通信

関根貴大が57本の居残りシュート練習をこなした想いの裏にあるものとは【こぼれ話】

(Report by 河合貴子)

途中出場での期待に応えられていない悔しさ

リーグ再開、初勝利となった仙台戦の翌日、練習が終了すると関根貴大選手は10個のボールをゴール向かって斜め45度のペナルティーエリアの角のサイドに集めた。そして、カットインからDFを交わしてゴールを狙うイメージで居残りシュート練習を始めた。

軽やかなフェイントを入れながら黙々とシュートを放っていった。最初は、左サイドから始まり得意の右足でゴール右隅を狙っていた。居残りシュート練習をする関根選手の姿を見ていて「交代選手がゲームに影響を与えてほしいと強く思う」と話していた大槻監督の言葉が思わず頭をよぎった。

(残り 1431文字/全文: 1717文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック