【サッカー人気3位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

浦レポ by 浦和フットボール通信

攻守にズラされたゲーム ルールを上手に使うのもスポーツ【轡田哲朗レッズレビュー/J第5節FC東京戦】

(Report by 轡田哲朗)

システムをズラしてきたFC東京の長谷川監督

浦和レッズは18日に迎えたリーグ第5節のアウェーゲームで、FC東京に0-2で敗れた。この試合は臨戦過程で別メニュー調整の日があったトーマス・デンがメンバー外になり、そこにはマウリシオが今季初めて公式戦のピッチに立った。昨季までに岩波拓也とマウリシオが組むときは、3バックなら岩波が右でマウリシオが中央というパターン、つまりこの2人の並びは右から岩波、マウリシオと並ぶことが多かったが、今回はマウリシオ、岩波の並びになった。これまでリーグ戦の中断明けから最終ラインはスタメンが変わってこなかったから、大槻毅監督は4つのうち3つのポジションをそのままにできることを重要視したように思う。

一方でFC東京を率いる長谷川健太監督は4-3-3をチョイスした。4-4-2で、プレビューで記したような「殴り合い」と選択することもできたが、試合後には「今日のゲームは3トップとアンカーがいるパターンの方が良いと考えた」と話していたから、戦前の駆け引きではFC東京の方からズラしにきたと言える。そして、そのズラしは絶妙に浦和を狂わせていたので、敵将ながら素晴らしい采配だったというところだろう。

ズレを利用して先制点につなげたのがFC東京

(残り 3280文字/全文: 3823文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ