【サッカー人気3位】WEリーグのパートナーシップを企業側と…

浦レポ by 浦和フットボール通信

トレーニングが見える大槻監督の狙いとは【練習レポ】

(Report by 河合貴子)

東京戦敗戦後に大槻監督から熱いメッセージも

FC東京戦の敗戦を払拭してくれるかのように、16日ぶりにまぶしい太陽の輝きが戻ってきてくれた。ジメジメとした蒸し暑い梅雨空よりは、多少熱くても心が晴れやかになる。完敗を喫したFC東京戦から一夜明け、青空ミーティングから始まった。

「負けた責任は、俺がとる!」いかにも大槻監督らしい言葉であった。大槻監督は、約10分間の青空ミーティングでFC東京戦を振り返りながら「負けている時に、時間がない中で、審判に「ああだ、こうだ」言うのではなく、まず勝ちに行く姿勢。できる限り多くプレーをして、ゴールへ向かい、ゴールに執着することをしてくれ!負けた責任は俺がとるから、しっかりとやってくれ!」と選手たちに熱く話したそうだ。

その言葉を聞いた橋岡大樹選手は「大槻さんも、ものすごく覚悟がある中で僕たちは大槻さんの思いを胸に一生懸命やれることをやらなくてはいけない」と襟を正していた。おそらく、選手全員に大槻監督の思いは届いたのだろう。

(残り 1453文字/全文: 1897文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック