優勝候補は見えたか?J1上位5クラブの実力を査定する(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

大槻監督「すごく大事なゲームになる」と王国対決に意気込み 清水攻略のポイントは?

(Report by 河合貴子)

横浜FCに勝利して良い流れで清水戦へ

「選手が『良い状況を保とう』とか『向上したい!』という意欲があふれるような数日間だった」と大槻監督は目を細めて嬉しそうであった。2-0で勝利を収めた横浜FC戦から次節の清水戦までの間、本当に充実した時間を過ごしていたことを物語っていた。

「準備をする流れは、特段に変わったことはない。ちょっとした怪我やアクシデントがあったこともないし、むしろ怪我した選手が戻ってきたポジティブな要素が多い」とニヤリと笑った。

そして横浜FC戦を振り返りながら「最終的に勝った試合なので、終わった後はいくらでも何でも言えると思うんですけど・・・」と前置きをして「1つ言えるは、選手が横浜FCのサッカーの仕組みをよく理解してくれてゲームに臨んでくれたことが大きかったと思う。結果に関しては、いろんな要素があるので難しいが、選手がよく表現してくれたと思う。ホームで前回はレイソルにあのようなゲーム(0-4)をしてしまったので、そこを踏まえてサポーターに喜んで帰っていただけるように勝ち点3を獲れるようにしっかり頑張りたい」と次節の清水戦に向けて話した。

(残り 1122文字/全文: 1617文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック