【サッカー人気4位】進化する川崎フロンターレの守備。Jリー…

浦レポ by 浦和フットボール通信

12年ぶりの6失点 柴戸海が改善すべきと挙げた問題点とは

(Report by 河合貴子)

前半で5失点

試合終了の笛が鳴った瞬間、浦和の選手たちはピッチに崩れ落ちた。選手それぞれが、自責の念に駆られているかのようであった。

YBCルヴァンカップのC大阪戦から、中2日でJ1リーグの名古屋戦に臨んだ。大槻監督は試合前にこのアウェイ2連戦を「新たな局面」と話し、チームの「飛躍するタイミングにトライしたい」と話していたが、トライした結果は2-6の大敗。ピッチの中で共通意識の下で組織というものの歯車が狂い出すと、試合中に修正する難しさを思い知らされた試合だ。浦和を愛する人々にとって、熱帯夜に拍車をかける寝苦しい夜になってしまった。

武富孝介選手が今シーズン初スタメンとなり、C大阪戦からスタメンが9選手入れ替えてフレッシュな状態で挑んだ。

ゲームの入り方は悪くなかった。だが9分、浦和の右サイドをマテウス選手、シミッチ選手、吉田選手のトライアングルで崩され、金崎選手のクロスにDF裏へと抜け出した前田選手のシュートを西川周作選手が止めるも、そのこぼれ球を前田選手が押し込まれてしまった。

(残り 2353文字/全文: 2810文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック