【サッカー人気3位】J2第7節FC琉球戦「“ボックス内”の…

浦レポ by 浦和フットボール通信

またも対3バック シーズン中盤に入ったチームをどう見るか【大分戦プレビュー】

(Report by 轡田哲朗)

3人から2人ができあがりつつあるメンバー

浦和レッズは29日にJ1第13節のホームゲームで、大分トリニータと対戦する。新型コロナウイルスの影響で中断したシーズンではあるものの、すでにリーグ戦の3分の1が終わって、その分け方で言うならちょうど中盤戦に入ったところだと言える。だから、ここからの10試合ちょっとは、最後の10試合くらいを上位で夢を見て戦うか、中位で戦うのか、下位に沈んで苦悩の中で戦うのかを決めることになる。そうした意味では、3年計画という言葉があるにしても、この1シーズンの評価を決める大切な時期だと認識して良いだろう。

大分戦のスタメンを予想するというのもありつつ、ここ最近の試合を見ているとさすがに起用される選手に偏りが生まれてきた。先に記したように、リーグ戦の3分の1くらいを消化してそれがないのは、かえって不健全なチームだとすら言えてしまうので、それは問題ないだろう。

(残り 2054文字/全文: 2461文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ