【サッカー人気4位】【J2箱推し宣言!】[磐田vs松本]誤…

浦レポ by 浦和フットボール通信

橋岡大樹が1ゴール1アシストで逆転勝利を演出 守備の課題も「改善できる」【河合貴子 試合のポイント/J第13節大分戦】

(Report by 河合貴子)

努力の成果が実り始めているクロスの部分

熱帯夜なのに、埼玉スタジアムを駆け抜ける夜風がものすごく心地良かった。

大分に先制されるも落ち着いてゲームをコントロールしながら、30分にレオナルド選手、33分に橋岡大樹選手のゴールが決まり2-1で逆転勝利を収めた。何度も大分に追いつかれるのではないかと胃が痛くなるシーンはあったが、最後は集中を切らさずしっかりとゴール前を固めて勝利をものにし、5位に浮上。上位戦線に踏みとどまった。

前節の神戸戦では、同点に追い着いてからゴールが奪えずにアクシデント的な山口選手ゴールが決まり1-2で敗戦した。だが、大分戦は違った。しっかりと先に追加点を獲り、猛攻を仕掛ける大分に対してラスト10分はしっかりとゴールに鍵をかけることができたのだ。まだまだ課題は多いが、明らかに浦和が前進していることを示した試合であった。

その立役者は、1ゴール1アシストをした浦和を愛する人々の期待を背負った橋岡大樹選手だ。

(残り 2449文字/全文: 2876文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ