【サッカー人気2位】川崎に完敗 ゲームプランを崩された相手…

浦レポ by 浦和フットボール通信

渾身のシュートに「埼スタでのゴールは自信がつく」 武藤雄樹が感じているチームの課題と改善策とは

(Report by 河合貴子)

練習でイメージを高めてきた形のゴール

サガン鳥栖に先制点を許し、興梠慎三選手のゴールで同点に追いついたものの、常に追いかける苦しい展開になってしまった。なかなか決定機が生み出せない展開の中で、スーパーシュートの同点弾を決めたのは武藤雄樹選手であった。

本当に、ここしかないというぐらい狙い澄ました右足のインフロントでボールに回転をかけたシュートは、グイッと巻き込む放物線を描いてゴールへと吸い込まれていた。

「試合をスタートから見ていて、なかなか思うような展開ではない」とベンチスタートだった武藤選手は、アップをしながら攻撃にリズムがでず苦しむ仲間の状況を見ていた。

そして「僕が(ピッチに)入ったときに、何とかチームのギアを上げるというか、パワーアップさせるものを見せたいと思っていた。いつ来ても良いように気持ちの準備をしていた。ゴールを獲ってチームに貢献したい」。その思いが籠もった渾身のシュートだったのだ。

(残り 1902文字/全文: 2318文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック