【サッカー人気4位】リカルド監督が3連勝で攻撃面でも改善の…

浦レポ by 浦和フットボール通信

不敗神話継続の武藤雄樹、謎のゴールパフォーマンスの意味は【こぼれ話】

(Report by 河合貴子)

がってんポーズは今回は封印して

武藤雄樹選手がゴールを決めると、浦和を愛する人々がお馴染みのがってん寿司ポーズが飛び出す。しかし、同点弾となった鳥栖戦のゴール後は、なぜか違っていた。

「点を決めて興奮したというか・・・。ちょっとバァ~っと走って・・・」と照れ笑いした武藤選手。拳を握りガッツポーズをしながらゴールを噛みしめて走った。

「シュートがイメージ通りで気持ち良かったところと、チームが負けている中で1つ仕事ができたところで、気持ちが表われた。がってんポーズしようかなと思っていたが、同点ということもあって、今からカメラに向かって(がってん寿司ポーズ)やるのもどうかなと、まあまあ、そんな感じでした」と苦笑い。

(残り 794文字/全文: 1113文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ