【サッカー人気2位】【解説】事案発生後、すぐに報告した仙台…

浦レポ by 浦和フットボール通信

橋岡大樹が成長し続ける理由を感じた練習後の光景【こぼれ話】

(Report by 河合貴子)

野心と向上心の塊

リーグ戦を開幕戦からずっとスタメンで起用してきた橋岡大樹選手が、札幌戦で初めてベンチ外になってしまった。コロナ禍の中で、しかも猛暑の夏の過密日程をよく橋岡選手は踏ん張ってきてくれたと思う。その蓄積された疲れたが出始めたのか、最近の試合では精彩を欠き、少し身体が重そうなシーンも見受けられるようになっていた中でのベンチ外であった。ある意味、心身ともにリフレッシュするには、良い機会を大槻監督から与えられたと思う。

川崎戦を前に公開された練習では、橋岡選手らしいスッポンのような粘り強い守備も戻ってきた。ただ、ベンチ外になったことで橋岡選手自身、いろいろと思うことがあったのかもしれない。練習が終了すると、なんとロングフィードの練習を始めたのだ。その指導者の役を買ってでたのは、逆サイドへの飛ばしのパスも出すことができる槙野智章選手であった。

(残り 731文字/全文: 1121文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック