【サッカー人気5位】オビ・パウエル・オビンナが横浜F・マリ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

大槻監督が考える、首位川崎を仕留めるタイミングとは

(Report by 河合貴子)

前半戦の締めくくりとなる川崎戦にどう挑むか

新型コロナウイルスの影響で大幅に日程が変わったJリーグだが、次節で前半戦が終了する。ちょうど折り返して地点で首位を独走する川崎を、我らのホームである埼玉スタジアムに迎え撃つことになった。

日程の関係で浦和より1試合多い川崎は、17試合を終了して14勝2分け1敗だ。開幕戦を鳥栖とスコアレスドローであったが、中断期間を経て再開後は8月23日の名古屋戦で0-1の敗戦を喫するまで10連勝と破竹の勢いであった。連戦の中で名古屋に敗戦をしたあと神戸に2-2と引き分けた。しかし、猛暑の連戦の中でもスタイルを崩すことなく現在4連勝中である。

(残り 2011文字/全文: 2310文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック