【サッカー人気5位】解消された違和感と興梠の言葉 浦和がこ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

下平監督の術中にはまった横浜FC戦 大槻監督が語った誤算とは【河合貴子 試合のポイント/J19節横浜FC戦】

(Report by 河合貴子)

アカデミー出身の松尾選手に2ゴールを許して敗戦

秋雨が、冷え切った心の中にまで降りそそいでいる。止まぬ雨はないと思いながらも、試合終了を待たずに席を立つ人々を見ながら心が張り裂けそうになってしまった。浦和を愛し支え、一緒に闘ってくださる人々に、本当に申し訳なる気持ちで一杯であった。

5連戦の真っただ中、中2日で迎えた横浜FC戦。厳しいコンディションであったが、ホーム埼玉スタジアムで勝利を誓ったはずだ・・・・。それが、0-2で横浜FCに敗北。勝利を届けられなかった無念さを、選手たちが一番感じているはずだ。

試合開始から主導権を握ったのは浦和であったが、横浜FCは4-4-2のブロックを作りコンパクトなしっかりとした守備で浦和に決定機どころかシュートを撃たせない。浦和は、落ち着いて後方からボールを回しながら、攻撃のスイッチを入れるタイミングを計っていた。

(残り 1573文字/全文: 1963文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック