【サッカー人気4位】ブラウブリッツ無敗優勝に「オシムの一番…

浦レポ by 浦和フットボール通信

山中亮輔が「自分が出て負けるのだけは嫌だった」と攻守に躍動 【河合貴子 試合のポイント/J24節C大阪戦】

(Report by 河合貴子)

ホームでリベンジに成功

「2度あることは3度ある」というが、手応えをつかみかけた浦和にとってアウェイで2度も負けた暫定2位の堅守を誇るC大阪を相手に無縁の言葉であった。YBCルヴァンカップにしてもリーグ戦にしても敗戦を喫したが、決して悪い出来ではなかった。闘い方を変えて挑んだわけではない。ブレずにやり続けてきたことが、しっかりと形となって「3度目の正直」でつかみ獲った勝利であった。

お互いに睨み合うような攻防の中、徐々に浦和が主導権を握り始めるものの、しっかりと2ラインを作り、良い距離感でボールサイドへとスライドしてくるC大阪に厚みのある攻撃を仕掛けるが崩し切れず手をこまねいてた。

28分、西川周作選手のゴールキックのロングフィードを木本選手が弾き返したこぼれ球を、うまく豊川選手が身体を使い拾いあげ力強いドリブルでゴール前まで持ち込みシュートを決めた。抜け目ない豊川選手の個人技で、先制点を決められてしまった。だが、ここからの浦和はアウェイの2試合とは違った。

(残り 2922文字/全文: 3368文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック