【サッカー人気4位】アンタッチャブルではない「Jリーグ史上…

浦レポ by 浦和フットボール通信

どうした?浦和のエース興梠慎三【こぼれ話】

過酷なアウェイ大分、広島の2連戦を前にして、居残りシュート練習に励む選手たちがいた。大槻監督からの指名練習であったが、その練習が終了しても自身の課題に取り組みシュート練習をする選手がいた。

先週公開された練習後に汰木選手がずっとヘディングシュートの練習をしていたが、今週もヘディングシュートの練習を行っていた。得意のドリブルシュートも石井僚選手を相手に1対1の勝負をしていた。

(残り 846文字/全文: 1033文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック