【サッカー人気2位】【西部謙司の大予言】「時間」を操れるチ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

先制点を守りきれず広島と痛み分け 槙野智章が6試合で3失点の守備安定の要因を語る【河合貴子 試合のポイント/J26節広島戦】

(Report by 河合貴子)

先制も逃げ切れずに痛み分けで終わる

試合開始早々に奪った興梠慎三選手の虎の子の1得点で、優位にゲームを進めて逃げ切ることができなかった。我慢強く闘いながらも広島と1-1の痛み分けで終わった。

大分戦から中2日で迎え、アウェイ2連戦となった広島戦。移動を含めて浦和にとっては過酷な2連戦であったが、左サイドバックに宇賀神友弥選手をスタメン起用しただけでメンバーの入れ替えはなかった。一方の広島は、浦和戦に照準を合わせて仙台戦ではメンバーをターンオーバーさせて準備をしていた。コンディション的には浦和の方が不利であったが、それを感じさせないぐらいのパフォーマンスを選手は見せてくれた。

浦和に訪れた最初の決定機は、開始3分だった。汰木康也選手からクサビの斜めのパスを受けた武藤雄樹選手が、興梠慎三選手と左サイドと溜を作り、エヴェルトン選手を経由して右サイドへと展開すると、インナーラップを掛けた橋岡大樹選手をおとりにマルティノス選手がカットインしながらゴール前の興梠慎三選手へとアーリークロスを入れると、見事なワントラップからの興梠選手のボレーシュートが決まった。クロスに対してチェックの動き出しで相手DFの背後から前に飛び出す興梠選手のスキルが光った瞬間であった。

(残り 3434文字/全文: 3976文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック