【サッカー人気3位】【ガンバの雷鳴】ついに加入!レアンドロ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

成長の手応えを感じる、若手選手の汰木康也と橋岡大樹【こぼれ話】

(Report by 河合貴子)

大槻監督が期待を寄せる若手選手たち

今シーズン新システムに移行した浦和にとって、コロナ禍の中で本当に苦しいシーズンになっていた。だが、リーグ終盤になりようやく大槻監督がブレずにやり続けてきた「攻守において主体性をもった闘い」方が実を結び始めた。

大槻監督は「毎試合、毎試合、毎回、毎回の練習で100%を出して、少しでも成長して頑張っていきたい。その成長しようとする選手の毎日の努力、練習に取り組む姿勢が、僕にとっての手応えだ」と実感していた。

組織プラス選手の個のスキルが生きるようにと、大槻監督は常に考えてきた。昨シーズンまで苦悩の表情を浮かべていたマルティノス選手もピッチの中で躍動し始め、開幕当初はベンチスタートやベンチ外になっていた槙野智章選手が底力を見せつけてDFリーダーとして輝いている。さらに、リーグ終盤になって汰木康也選手の活躍も目を見張るものがある。

(残り 1008文字/全文: 1403文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック