【サッカー人気4位】【維新の風】残り6試合。なぜ霜田正浩監…

浦レポ by 浦和フットボール通信

マルティノスイヤー!決勝弾で神戸を制す マルティノスが重要視する走りのクオリティーとは

(Report by 河合貴子)

大敗の後のリカバリー

無様な姿をさらけ出し大敗を喫した横浜FM戦から、中3日で臨んだ神戸戦はピリッと引き締まった闘いとなった。コロナ禍のためACLの大会形式が変更になったため、神戸にとってはホーム最終戦でしっかりと勝利してACLへと弾みをつけていきたいところであった。前節の横浜FMと同じ状況だった。

大槻監督は「アウェイがずっと続いた中、前節にあのようなゲーム(横浜FMに2-6で敗戦)をした後で、非常に難しいゲームでした。相手がホーム最終戦というのが2試合続いて、そういうところのシチュエーション、我々の状況も含めて、難しいゲームを選手の頑張りによってものにできた。非常にありがたい」と試合後のZOOM会見で安堵の表情を浮かべた。

そして「試合に持って行けるものは我々だけ、我々がやることしか持って行けないというところです。我々のやることをきちんと整理して臨むところを一番に考えて選手とも話をした。とは言っても、あのようなゲームをした後のメンタルコントロールであったり、そういったところについては『切り替えろ!』と言っても、バチッとスイッチを切り替えられるようなものではありません。選手たちはそういった面も含めて、この何日間か、そして試合中も含めて、非常にトライしてくれました」と嬉しそうに話した。

(残り 3228文字/全文: 3790文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック