【サッカー人気5位】悪質なスライディングタックルでディエゴ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

最終戦は痛み分け 皇后杯に向けて手綱を締める一戦に【河合貴子 試合のポイント/なでしこ18節ノジマステラ戦】

(Report by 河合貴子)

ゲームを支配も相手を崩し切れず

皇后杯を征し初の2冠の栄光を手にするために、改めて身を引き締める試合となった。6年ぶりに女王の座を獲得した浦和は、浦和駒場スタジアムでノジマステラ神奈川相模原を迎えての最終戦。

森監督は「ここで気を緩ませたくないというのが自分の中でもありましたし、選手の中でもそれはアピールというか、『皇后杯に向けてのこの2試合だよ』ということは言っていました。ふだん出ていない選手を出すというところもあるんですけども、やはりまだシーズンは終わっていないので、皇后杯に向けてというところで、ちょっと気持ちも緩みがちなところはあるので、ぜひともこの2試合はそういうことをなしにして、やっぱり勝ちにこだわってやっていって、皇后杯に向けてやっていきたいという、そういう形です」と優勝が決まったからといって前節の仙台戦と同様に大きなメンバー変更もなくノジマ戦に臨んだ。

「とにかく『勝つことに対してもっとどん欲になろう』ということ、『チーム全体で勝つ』ということがこれからは求められるので、そういったところの気持ちの隙を自分なりにもなくしたかった。今のベストメンバーでというところで、トレーニングからそういうところは言っていたので、トレーニングを見ながらフィットしている選手をなるべく使っていきたいな、というところはありました」とコンディションに不安がある柴田華絵選手や浦和の得点源である菅澤優衣香選手たちをベンチスタートとして温存し、現在のベストメンバーを起用したのだ。

優勝した勢いにのって有終の美を飾りたいところであったが、新女王の浦和に対してノジマはチェレンジ精神で闘志を剥き出しに挑んできた。浦和が試合を支配していたが、結果は1-1の痛恨の引き分けになってしまった。

(残り 2301文字/全文: 3053文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック