【サッカー人気2位】鬼門で完敗。それでも、旅路は始まったば…

浦レポ by 浦和フットボール通信

槙野智章がリカルド監督との面談をして「新しい一面が見られる」と話した理由【こぼれ話】

(Report by 河合貴子)

個別面談でコミュニケーションを図る

「監督の立場ですが、選手とコミュニケーションを取って親しみやすい性格」とリカルド・ロドリゲス監督の第一印象を話してくれたのは、槙野智章選手であった。

そして「日本で長く仕事をしているので、日本人の特徴も文化を理解している方なのかなと思う。「一緒に目標を達成したい」「ここに野心を持って、やってきた」のを感じる方なので、僕ら選手としても一緒に仕事をしていても楽しい。厳しい練習が多いが、ものすごくやっていてやり甲斐がある。この先に、ゲームでこういう風にやっていくのか、形として見える練習が多いので良い監督が来てくれた」と大手を上げてリカルド監督の就任を歓迎していた。

リカルド監督は、選手たちと本当に積極的にコミュニケーションを取る監督だ。その1つに、選手たちそれぞれの個別面談を行っていた。個別面談では、選手が自ら自分自身の特長や性格、プレースタイル、長所、短所などプレゼンをし、自分が発揮できるポジションを第一希望から第三希望まで提示したそうだ。

(残り 689文字/全文: 1142文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック